Motorola RAZR M に機種変更

Motorola「RAZR M 201M」 SoftBank携帯の機種変した!Motorola RAZR M へ。Android4.0へ。Googleによるモトローラ買収後初のグローバル端末ということで、期待していたけど、期待以上にいい(HTC Desire比)。

HTCのホームアプリ HTC Senseは、アプリとの連携や操作の統一感の無さ等に不満があって色々自分用にカスタムするしかなかったんだけど、RAZR M に搭載されているホームアプリはこのままいじらなくていいんじゃないかと思うくらい分かり易い。基本的なボタンが物理ボタンじゃなくてタッチ式なのも使い易いし、筐体とOSとホームアプリの親和性が高まった感じ!

Motorola「RAZR M 201M」 SoftBank話題の4Gも本当に早かった。スマホの進化恐るべし。

Desire今までありがとう。ストレージが少ない以外は最高の端末だったよ。

東武動物公園のサルとミーアキャット

東武動物公園 ワオキツネザル動物園は大人も十分楽しめる所だと知ってから、たまーに行く。そして、キリンもゾウも素通りするのが大人。大きさになんて驚かないよ。

最近は専らサル以下の小動物が好みです。

こちら、ワオキツネザル。しましまの長い尻尾が特徴。おやつのりんごをあげようと手を差し伸べたら、手(サル)が手(ヒト)をぎゅっと握って引き寄せたのがかわいかった。手(サル)はひんやりプニュッとして、思ったよりも力強かった。ヒト、喜ぶ。

東武動物公園 リスザルリスザル。鮮やかな黄色い手足の小さなサル。細いロープを器用に行ったり来たりしてた。
東武動物公園 ミーアキャットミーアキャットと心が通い合った瞬間。この容姿と、グフグフっていう変な鳴き声とのギャップがたまらない。こんなにかわいいけど、砂漠とか過酷な環境を生き抜く動物なんだよね。それもまたギャップ萌え。

小動物はそんなに危険じゃなさそうだし、全部触ってみたい。どんな感じなんだろう。きゃ~ふわっふわ~♪なのか、お!毛に意外とハリがある!なのか、誰か教えて…。

桐島、部活やめるってよ

映画「桐島、部活やめるってよ」の評判があまりに良いので観に行った。そうしたら本当に面白かったので、原作の小説も読んでみた。
映画と小説とでは設定が違っていて(登場人物の所属する部活とか、片思いする相手とか)、その細かい違いに気をとられてなかなか集中して読めなかったのが残念。映画から入って原作小説を読んだ場合もその逆でも、よくあることです。
今回は、前情報を一切入れずに映画を観たのでなおさら、ドラマチックな展開に惹き込まれて良かったんだと思う。

小説の最後に解説を読んで、作者がこの本を書いた当時19歳だったと知ってびっくりした。高校卒業したての人が、高校生活をここまで俯瞰できるもんかねぇ。才能のある人は早熟だなあ。

公開延長も決まっているようなので、観ていない方はぜひぜひ。

ジャコランタンのボールペン

ジャコランタン ボールペンハロウィンを日本で流行らせようとしてもムダだよ!と思いつつも、気づけば毎年ちょこちょことハロウィングッズが集まってきます。こちらは筆圧をかけると光るボールペン、ふわふわした羽根付き。浮かれてるね~。

そういえば、ジャック・ザ・パンプキンヘッドっていうカボチャ頭の生き物が出てくる「OZ」っていう、今は絶版の映画がある。オズの魔法使いの後日談という設定で、ドロシーがオズの話ばかりするので、妄想だと思って見かねたおばさんがドロシーを病院に送って記憶を消そうとするも、ドロシーは病院を脱走し再びオズにたどり着く。でもそこは荒廃しきっていた・・・っていう話。友達の家でよく上映会が開かれたんだけど、すごく怖くていつも半目で観てた。今思うとばあまり子供っぽくなくてよく出来ていた映画だった気がするので、もう一度観てみたいものです。
OZ、ディスク化してほしいな!あと絶版つながりで、フラグルロックをもう一度観たい。

セミの抜け殻、猫洗う

セミの抜け殻瀕死のセミが道端に落ちているのをよく見かける季節になった。
人に踏まれるのもかわいそうなので、転がっているセミを見かけたら街路樹の根元か生垣に移動する、という自分ルールを作って早数年…その辺の小学生よりずっと多くのセミを触っているんじゃ…

セミの抜け殻は、色とシースルー感がかっこいいから大好きで、写真で収集中。

ソマリ ルディ ブログ猫の抜け毛がすごいので洗ったら、半乾き状態が一回り小さくなって、子猫みたいでかわいかった。
猫を飼い始めてから約2年、どの瞬間もどのパーツもかわいかった。
猫すごい。