風立ちぬ と パシフィックリム

風立ちぬ

7月、映画を観た

まずは、風立ちぬ。

風の表現がまるで生き物みたいで、ワクワクした。

ひたむきな主人公のサクセスストーリーで、観終わった後には爽快感があった。ただ、一般庶民とは別世界に生きる、お金と才能に恵まれた男の物語なので、震災と戦争を生き抜いた男の姿…みたいなうたい文句はズレてるなぁと思ったけども。

宮崎駿監督は、この作品を最後に引退だそう。これ以上何も求められないくらい名作を残してくれたから、特に寂しいという気持ちもなく、ここはお疲れ様と言いたい!そして気になる今後のジブリ。わたしはアリエッティが大好きなので、米林宏昌監督の次作を観てみたいな。

パシフィックリムそして、パシフィックリム。

あらすじを聞かれれば、ロボットと怪獣が戦う話、で終わってしまうんだけど、心躍る最高の映画だった。でっかいロボットが大暴れする姿はとにかく迫力があるし、音楽も映像もオシャレ。夢あふれる名作。


, ,  


Post a Comment

Name*
Email
Website
 *